• Home 市場と印象の面で効果を得られる可能性がある!?

市場と印象の面で効果を得られる可能性がある!?

まず、動画広告を見てもらえるかどうかが大きなポイントになります。見てもらえる可能性が低ければ、広告効果を得ることができないのは当然です。

現在、動画市場はどれぐらいの規模になっているのでしょうか。2011年では、動画市場は約20億ドルとなっています。この規模でも比較的大きな市場と言えますが、2016年においては2011年の動画市場の約4倍となる約80億ドルまで拡大し、現在ではさらに市場規模が拡大され続けています。市場規模が大きければ大きいほど、当然その分利用者が多くいると考えられるので、動画広告を公開することはたくさんの人から見てもらえるだけでなく、宣伝効果が期待できると言っても過言ではないでしょう。

また、インターネット上にある動画広告は、決してパソコンを利用しなければならないということではありません。現在、普及しているスマートフォンなどからもアクセスができるため、手軽に見られるという点でも動画広告は幅広いユーザーの目にとまる可能性があります。

印象面においても効果を期待できるでしょう。広告の種類は数多くありますが、その中でも動画広告は映像で紹介するため、インパクトのある動画を作成すれば人の印象に残りやすく、効果を得られる可能性が高くなります。