• Home You are currently viewing the category: 未分類

他の広告よりも購入に繋がりやすい

実際に動画広告の効果を表すために、動画広告が購入に繋がる確率を紹介します。日本の広告として有名なのが、バナー広告、検索広告、動画広告です。バナー広告や検索広告から購入に繋がる割合はおよそ4パーセントになります。一方で動画広告においてはおよそ9パーセントとなっており、バナー広告、検索広告と比較して購入してくれる割合は約2.2倍です。このことからも、動画広告の効果を知ることができるでしょう。

数字からも理解できるように一定の効果を得られますが、当然全ての動画がこれらの効果を得ているということではありません。動画広告から購入につなげるためには、人の興味を引く動画を作る必要があります。また、的確に商品を伝えたり、動画にストーリー性を持たせたせたりするなど、工夫が必要となります。このような点を考慮して動画広告を作れば、効果の恩恵を受けられるのではないでしょうか。

基本的に日本にある動画制作を請負う業者においては、動画広告の制作などをサポートしてくれるところが多くなっています。ですから、会社に依頼をすることで、効果のある動画広告を作ることができるでしょう。業者では実際に相談などを受け付けてくれるところもありますから、まずは一度相談してみるのも一案です。


市場と印象の面で効果を得られる可能性がある!?

まず、動画広告を見てもらえるかどうかが大きなポイントになります。見てもらえる可能性が低ければ、広告効果を得ることができないのは当然です。

現在、動画市場はどれぐらいの規模になっているのでしょうか。2011年では、動画市場は約20億ドルとなっています。この規模でも比較的大きな市場と言えますが、2016年においては2011年の動画市場の約4倍となる約80億ドルまで拡大し、現在ではさらに市場規模が拡大され続けています。市場規模が大きければ大きいほど、当然その分利用者が多くいると考えられるので、動画広告を公開することはたくさんの人から見てもらえるだけでなく、宣伝効果が期待できると言っても過言ではないでしょう。

また、インターネット上にある動画広告は、決してパソコンを利用しなければならないということではありません。現在、普及しているスマートフォンなどからもアクセスができるため、手軽に見られるという点でも動画広告は幅広いユーザーの目にとまる可能性があります。

印象面においても効果を期待できるでしょう。広告の種類は数多くありますが、その中でも動画広告は映像で紹介するため、インパクトのある動画を作成すれば人の印象に残りやすく、効果を得られる可能性が高くなります。


動画で広告を作ろう

動画には、他にはない魅力があることは周知の通りです。昔はインターネット上に動画を掲載できるケースは少なく、一般的に画像と文字でその商品を紹介するのが一般的でした。現在においても画像や文字で商品の内容を伝えているところもありますが、動画を使用して伝えているページも数多くあります。最近では広告として動画を活用することもできますので、動画配信サイトで普段から動画を見ている方の中には、実際に動画広告を見たことがあるという方もいるのではないでしょうか。

広告は、主に商品の紹介や購入を促す目的で公開されることが多く、広告で商品を知ってもらうことで同時にその商品の知名度なども上げることができます。通常、商品を売りたいと思った時に、その商品のことを世の中の人が知らなければ当然売り上げを上げることはできないでしょう。まずは知ってもらうという目的で広告を出している方も少なくありません。

動画広告を作る時は、専門の業者に依頼するケースが多くなっています。なぜなら、素人が制作すると広告の効果が上がらないというケースもあるからです。また、制作に時間がかかることや、素人では動画編集ができないというケースもあります。動画制作会社に依頼をすれば必ず成果が得られる動画広告を作ってくれるということではありませんが、質の高い広告動画制作に努めてくれるので、商品をわかりやすく伝えられる可能性があります。では、動画広告を出すことによってどれぐらいの効果を得られるのでしょうか。